今週末、ついに

愛玩動物飼看護師国家試験に伴う予備試験が実施されます。

当院からも3名が受験します。

この試験をパスすると、

本試験は

2月19日(

に行われます。

当院は18日()も休診日となります。

そしてその前の2月4日~18日までは17:45まで

一時間早く病院を閉めさせていただきます。

 

愛護動物看護師は国家資格です。

一生を左右する資格となります。

そして、国家資格ですから、

法律によって守られ、

非常に強い専門性、独占業務を手に入れることになります。

我々獣医師も、国家資格です。

この獣医師国家資格を有することによって、

獣医師でしか出来ない仕事、独占業務を行うことが出来ます。

獣医師や愛護動物看護師と似た名前を使うだけでも法律違反となります。

また、獣医師や動物看護師の独占業務を資格を持たないものが行うことも法律違反になります。

 

農林水産省が愛護動物看護師のQ&A

を見ると、

愛玩動物看護師の独占業務には診療の補助、愛玩動物の世話その他の愛玩動物の看護、

愛玩動物を飼養する者その他の者に対する愛護及び適正な飼養に係る助言等を業務とすることとあります。

診療の補助には

動物に危害を加える可能性のある

投薬、注射、マッサージ、整体、歯垢除去、歯石除去などが含まれます。

つまり、

獣医師もしくは愛玩動物看護師以外がマッサージや整体、歯垢除去、歯石除去を行うことは

法律に違反することになります。

法律違反は、個人が責任を取ることになります。

もし今、法律違反な行動を取っている方は、

そのことを真剣に考えて下さい。

人間の歯科衛生士だろうが、歯科医師だろうが、法律に違反です。

民間資格を持っていても、全く意味はありません。

整体師の方も、あん摩師の方も動物相手にマッサージや整体を行うことは法律違反になります。

危害を加えなければ良いのでは?

と、思われるかも知れませんが、

その歯垢や歯石除去は動物に恐怖を与えたり、

器具によって歯を傷つけて出血などをさせる可能性はありますし、

なにより、その歯が本当にそういった処置をして良いのかどうかを

【診断】することは獣医師の独占業務です。

よって、現実的に不可能ということになります。

マッサージや整体も同様です。

その個体にマッサージを行っても良いことを【診断】するためには

獣医師が必要となります。

テリントンタッチみたいに撫でるくらいの処置でどう判断されるのか?

は地方自治体によるのではないかと思いますが、

以前から問題視されていた

無麻酔歯石除去は、獣医師か、獣医師の指示を受けた愛玩動物看護師以外が行うことは

もう、法律に違反している状態なんです。

治療じゃなくて美容だからという逃げ道も、

もうなくなりました。

ハイジニストなどの民間資格もなんの後ろ盾にもなりません。

どうか、個人で法律違反を繰り返して、

指導があった時に職場に切り捨てられるような不幸な出来事が起きないことを心から願っています。

 

未来の愛護動物看護師の皆様、

どうか頑張ってください。

応援しています。

 

ではまた!