ブログ

病気のこと

冬の気配を感じるようになりました

寒い季節に注意が必要な病気というものがございます。 代表的なものが、 猫の下部尿路疾患 心臓病 呼吸器疾患 などがあります。 猫は寒いと飲水量が少なくなってしまい、尿の生成量が低下します。 その結果おしっこが濃くなって、 …

動物病院3種の神器

抗生物質・輸液・消炎鎮痛薬。   に、なるのでしょうかね? 抗生物質は細菌に対して作用する薬で感染症などの恐ろしい病気と戦ってくれる強い味方です。 最近、細菌が多数の抗生物質に耐性、簡単に言えば抗生物質が効かな …

若いわんこが足をかばってあげている

今回は若齢のわんこに起きるレッグ・カルベ・ペルテス病、大腿骨頭の無菌壊死症についてお話したいと思います。 成長過程の子犬に発生する病気で、大腿骨頭、股関節に大腿骨がハマっている場所に栄養を送る血管などに異常が起きて、栄養 …

吐いた、下痢した、その時に出来ること

基本的には、かかりつけの動物病院に行く。が正解です。 でも、元気もあって、食欲もありそう、少し家で様子を見たい。そんな時に参考になってくれれば嬉しいです。 家で様子を見れる条件は、直前に書いてありますが、 元気がある 繰 …

離れ離れになるのは嫌だ・・・

  本日は問題行動の一つ、分離不安についてお話したいと思います。 じつは一番話したいことは最後の方にあります。 先に読んでもらってもいいです。   飼い主様が家を出ると・・・ペットがおかしくなってしま …

よく起こる病気とそのサイン~ニャンちゃん編~

にゃんこがなりやすい疾患 第一位 消化器疾患 第二位 泌尿器疾患 第三位 皮膚疾患(外耳含む)   第二回は猫さんに多い病気とそのサインでございます。 猫さんは病気や体調不良を表に出さずに隠しがちなので、なかな …

よく起こる病気とそのサイン~ワンちゃん編~

参考にさせていただいたのはアニコムさんの家庭どうぶつ白書になります。 アニコムさんは日本最大級の保険会社で、保険請求件数の多い疾患をデータとして発表してくれています。 それなりの精度があるのではないかと思いますので、その …

なんか、やけに水を飲む。という時に考えること

ペットの水を飲む量。 普段から気にしていますか? もし、気にしていなかった方がいらっしゃったら、是非気にかけるようにしてください。 湧き上がるタイプの水飲みを勧めておいてこれを言うのもどうなんだろう・・・って思ったんです …

今日は暑いですね・・・もうわかりますよね

こう言う暑さが戻ってきた時に熱中症に注意が必要です! 茹で卵は生卵に戻せません。 飼い主さまの努力で熱中症0をめざしましょう! 何度でもしつこくても言い続けます。 なぜか? 人間は忘れる動物だからです。 大事なことでも忘 …

外は危ないですよ・・・

最近外で暮らしている猫さんを治療しているのですが、その子は残念ながらエイズと白血病のキャリアーです。 エイズも白血病も治療することが出来ません。 性格には完治することが出来ないです。 基本的にキャリアーであった場合は発症 …

« 1 6 7 8 14 »

院長紹介

院長 東 一平
(あずま いっぺい)


「自分自身が通いたくなる動物病院を目指して日々がんばっています。予防や早期発見によって病気にしない健康管理を一緒に探していきましょう!」

なるべく新しい検査機器や道具を導入することで、より細かな病気の発見や安全な処置を行えるように頑張っています。

もちろん獣医師自身のスキルアップや知識のアップデートも全力を尽くしております。

時間はかかりますが少しづつ設備も含めて理想の病院づくりに日々邁進しております。

PAGETOP
Copyright © アイエス動物病院 All Rights Reserved.